出国カード、入国兼税関申請書、健康状態調査書の書き方

フィリピン入国、出国に関して、簡単に紹介します。どこの国でもそうですが、日本から海外へ渡航する場合、入国カード&税関申告書に必要事項を記入し、提出しなければなりません。

もちろん海外旅行滞在先から日本へ帰国する際にも、出国カードの提出が義務付けられています。通常利用する航空会社の機内で手渡されるので、目的地に到着する前に必要事項を記入して、入出国管理官に提出します。

フィリピン入国時、必要記入カード一覧
入国カード 税関申告書 出国カード 健康状態調査票
入国カード書き方
入国カード(フィリピン) @ ローマ字表記で名前を記入
A 性別のチェック(1男性、2女性)
B 生年月日(月/日/西暦)
C 出生国
D 国籍
E 職業
F 住所
G 滞在先ホテル住所(ホテル名も可)
H パスポート番号
I パスポート発行地
J パスポート発効日
K 滞在目的
(1観光2友人訪問3会議4仕事5その他)
L フィリピン訪問回数(1・2・3〜)
M 団体旅行?
N 日本語署名(サイン)
O 搭乗地(成田)
P 航空便名

※入国カード、出国カードの内容は、旅行目的によって内容は異なりますの、ご自分の正確な情報を用紙に漏れのないように記入してください。(カードの更新により紹介内容が異なることがありますので、参考程度に見てくださいませ。)

入国カードの続き(税関申告書)
税関申告書(フィリピン) @ 同伴者人数
A 同伴者氏名
B 同伴者年齢
C 性別(M=男性、F=女性)
D 同伴者との関係(妻、友人など)
E 預け荷物数
F 手荷物数
G 果物、動植物、肉、食べ物、など生態系に影響のあるものをフィリピンに持ち込んでいます。
H 10,000ペソ以上の通貨を持ち込んでいます。(小切手、紙幣、コイン)
I 危険物、鉄砲、火薬類を所持してる
J 350USドルを超える輸入品を所持。
K 10,000USドル以上の現金、またはそれ相応に値あする外貨を所持しています。(所持してるなら到着ロビー受付にて申請書を書いてください。
G〜Kの項目は、YESがある場合には申請が必要になります。

※税関申告書で、申請するような事が無ければ上記を参考に記入してください。申告の必要がある方は、別途申請用紙に記入し、申請してくださいませ。

健康状態調査書(フィリピン入国の際提出)
健康状態調査書(フィリピン) @ 搭乗日
A 搭乗空港(成田)
B 航空便名(PR434)、C座席番号
D 過去3週間に海外へ渡航した。
E 氏名(ローマ字)
F 性別 G 年齢 H 国籍
I 結婚歴、婚約暦
J 病院、歯科、福祉施設の仕事。
K 動物園、養豚場、動物扱った仕事。
L その他(仕事の詳細)
M 滞在中のホテル住所(ホテル名)
N 滞在中の連絡先
O 熱、怪我、呼吸困難、咳、下痢、喉の痛み、頭痛、(病気、体 調不良です)
P 医療関連の施設に行った。病院、歯科、福祉施設。
Q 家禽(鳥小屋)、豚、鳥、鶏と触れた
R 病院に入院した。
S 風邪、熱のある身内、知り合いと過ごした。

※健康状態調査書については、以前あった豚インフルエンザ?の影響で記入することになりましたので、健康(体調)上問題が無ければ大丈夫です。帰国の際(セブ島→日本)にも同様に健康状態調査票の記入があります。

出国カード書き方
出国カード(フィリピン) @ ローマ字表記で名前を記入
A 性別のチェック(1男性、2女性)
B 生年月日(月/日/西暦)
C 出生国
D 国籍
E 職業
F 住所(日本)
G 滞在先ホテル住所(ホテル名も可)
H パスポート番号
I パスポート発行地
J パスポート発効日
K 滞在目的
(1観光2友人訪問3会議4仕事5その他)
L フィリピン訪問回数
M 団体旅行?
N 日本語署名(サイン)
O 目的地(成田)
P 航空便名

入国から出国(帰国)までの流れを紹介していますが、事前に出来る事はしておく事でスムーズに事が進められるので、楽しいセブ島旅行が出来ると思います。何も知らずに慌てて行動してると時間のロスや折角の旅行も疲れてしまっては意味が無いのでセブ島の南国リゾートを満喫してください。

入国カードの書き方や、出国カード、税関申告書は、提出前に記入しておいたり、書き方のコピーなどを持参していれば写すだけで簡単に出来るので、便利です。

スポンサードリンク

セブ島旅行&観光MENU

セブ島の観光地〜ツアー選びに役立つ情報〜

セブ島の観光地 マクタン島の観光地 ボホール島の観光地
ボラカイ島の観光地
セブ島市内観光ツアーから、アイランドホッピング情報、ショッピング情報を地域別に紹介。セブ島ツアー選びにお役立てくださいませ。地域別にカテゴリ選択してね。

スポンサードリンク