セブ島とは

セブ島(Cebu Island)は、フィリピン中部のヴィサヤ諸島にある島で、南北に225kmに渡って伸びる細長くて大きな島です。面積は4422平方km。周囲にはリゾートホテルが建ち並ぶマクタン島、セブ島北部のバンタヤン島、マラパスカ島、オランゴ島、など魅力たっぷりの小さな島々に囲まれています。

東にカモテス海とカモテス諸島をはさんでレイテ島、ボホール海峡を挟んで世界最小のメガネザル(ターシャ)でも人気のボホール島、西にタノン海峡を挟んでネグロス島、南にシキホール島、北にヴィサヤン海を臨む。

全島とその属島がセブ州で、島の東海岸中央部にある人口72万の州都セブ、マンダウエ市をはじめ6つの都市があり、マニラ首都圏(メトロ・マニラ)に次ぐ大都市圏、メトロ・セブを形成している。州全体の人口は3,356,137人(2000年調査)で、うち300万人がセブ島に住んでいる。マクタン・セブ国際空港はセブ市と橋でつながる隣の島、マクタン島のラプラプ市にある。

マクタン島は風光明媚で風通しがよく、一般に言うセブ・リゾートはここマクタン島を指す場合が多く、外国からの移住者も多い。またセブ市は最初にスペインによる植民地化がされた植民都市でありその名残が随所に残り、昔ながらの大きな市場カルボン・マーケットがあるほか、観光客相手の巨大ショッピング・モールやリゾートホテルがセブ市やマクタン島に多数あります。

セブ島の基本情報から、セブ島の素晴らしさが皆様に伝わればと思います。日本国内の旅行もいいですが、海外はフィリピンのセブ島に旅行して、南国リゾートの世界を満喫してみてください。

日本からも直行便なら飛行機で約4時間半でセブ・マクタン空港に到着する事が出来ます。マニラ経由便などの場合には時間はプラスされますが、観光地としても人気の高いセブ島では南国リゾート、自分的には、セブ島でダイビング、もちろん始めての方でもライセンスが無くても、体験ダイビングが出来るので観光地を見て周るのもいいですが、海の世界を楽しんでください。

年々セブ島の知名度も上がり、旅行客も増加傾向にあります。一度訪れた方の口コミ、ブログでのセブ島での体験談を通して色んな方に海外旅行でセブ島も行ってみたい場所の一つの候補に上がってきたのがキッカケと思われます。

フィリピンと聞くと危険だの、危ないイメージが強いかもしれませんが、フィリピンは日本と同じように7,000以上からなる大小の島々から出来ています。フィリピン全島が危険と言うわけではなく、ある一部の地域に限られています。特にセブ島は観光地、リゾート地として世界中からも知られている場所ですので、初めてセブ島を訪れて、魅了されてしまった方々が多い理由だと思われます。

実際自分もセブ島の素晴らしさに魅せられた一人です。その体験談をもとに当サイト[セブ島旅行・観光に役立つ情報セブなび]を、これからセブ島へ旅行される方、興味のある方に知っていただければと思い作成してみました。私個人と友人との体験談、旅行記をもとに情報作成しています。

スポンサードリンク

セブ島旅行&観光MENU

セブ島の観光地〜ツアー選びに役立つ情報〜

セブ島の観光地 マクタン島の観光地 ボホール島の観光地
ボラカイ島の観光地
セブ島市内観光ツアーから、アイランドホッピング情報、ショッピング情報を地域別に紹介。セブ島ツアー選びにお役立てくださいませ。地域別にカテゴリ選択してね。

スポンサードリンク