セブ・マクタン空港の手続き(入国と出国)流れ

セブ島に初めて旅行される方は、勘違いしやすいのですが、現地空港のマクタン空港はマクタン島にあり、セブ島にあるわけではありません。実際にリゾートホテルが立ち並んでいるのはマクタン島になります。セブ島観光でセブ市にショッピングなどで、移動した場合には、セブ島に入った事になりますが、大きなモール(SM、アヤラショッピグモール)で買い物などをしない方、リゾートホテル内、周辺でのんびりされる方は、実際の地理上のセブ島に滞在しないで、知らずに日本へ帰国される方も多々いるのも現状です。

日本からフィリピンはセブ島、マクタン空港に到着したら、直行便、経由便ではもちろん到着、出発時間が違いますが、する事は同じなので、ここで少しご紹介します。現地フィリピン、マクタン空港での入国から出国までの手続きと流れを参考に見てください。

フィリピン入出国の方法(手順)&流れ
フィリピン入国(日本→セブ島) フィリピン出国(セブ島→日本)
ご利用の航空会社機内にて、入国カード兼税関申告書&健康状態調査書を記入する。
入国カード書き方税関申告書書き方
健康状態調査書書き方
マクタン空港(国内線、国際線)ご利用になる航空会社受付の2時間前(国際線)に手続きするのが基本となっています。※慌てて手続きのないように心がけましょう。
マクタン空港到着後、入国審査に進みます。利用日によっては混雑も予想されます。日本とは違い空港も大きくないのでかなり待つことになりますが、我慢してください。 国際線・国内線の入り口でパスポート&航空券の引き換え券を見せ、一回目の赤外線荷物検査&身体検査をする。※ポケットなどに金属類があると反応するので、事前に取り外してトレーに入れて流してください。
入国審査にてパスポートを提示し旅の目的など聞かれることもありますが、聞かれずに終わることもあります。その都度、混雑時などの状況にもよって変わります。 ご利用の空港会社の受付にて帰りのチケットを入手&預け荷物を預ける。預け荷物の半券も失くさないようにしてください。重量オーバーの追加料金は大きいので、オーバーするようなら、手荷物に入れるなど工夫してください。
預け荷物制限(重量制限)
審査後、空港のスーツケース引取りレーンに移動して預け荷物を探してください。中々見つからない場合には、レーンの脇に並べられている事があるので、慌てず周りも確認してください。 空港利用税750ペソ(セブ→成田の直行便)を支払い搭乗ゲートに進む。※国内線(マニラ経由)の場合空港利用税は200ペソ(セブ→マニラ)になります。マニラ→日本(韓国)別の場所を利用される方は別途料金が発生します。
たまにですが、預け荷物のチェックが入る場合がありますが、通常チェックされる事は少ないです。 再度手荷物、身体検査をします。このときは履いている下履きを脱いでください。
入国の手続き、預け荷物の確保をしたら、お迎えのツアー会社(お名前の入ったボード)を探してください。また出口にて再度預け荷物の確認がありますので、日本で貼られた預け荷物の半券と照合しますので、半券を失くさないように注意してください。 出国カウンターにて出国手続きをする。出国カードの提出、チケット&パスポートを提示してください。
出国カードの書き方
ようこそセブ島へ、思いっきり南国リゾートを満喫してくださいませ。セブ島に関する情報を当サイトで色々紹介していますので、色々探してみてくださいね。 出発ロビー前待合室にて、出発時間までお土産の購入や、簡単な食事・コーヒーなどして時間を潰してください。搭乗時間になったら、チケットを見せて飛行機に移動、自分の席は客室乗務員にチケットを見せれば教えてもらえるので、言われた方向に進んで自分の席を確認してください。

フィリピン航空利用時の預け荷物重量制限と注意!!

日本からフィリピン、セブ島へ生き帰りには、預け荷物の制限エコノミーとビジネスクラスでは違いがあるので注意してください。エコノミー20キロ(日本からセブ島の場合25キロまでOKの場合があります。)、ビジネス30キロ。帰国の際には、エコノミー20キロまで!重量オーバーすると、1Kg(2.2ポンド)につき エコノミークラス片道普通運賃の1.5%の超過料金が発生しますのでオーバーしないように気をつけてください。

経験談 : 実際に私も日本へ帰国の際に、重量オーバー(お土産のドライマンゴー買いすぎ…)した経験があります。また直行便の場合朝も早いので、超過料金をクレジットカードで支払いをしようとしたら、機械が動かず現金で支払った経験がございます。このあたりはフィリピン(汗 と感じつつ済ませました。

セブ島旅行&観光MENU

セブ島の観光地〜ツアー選びに役立つ情報〜

セブ島の観光地 マクタン島の観光地 ボホール島の観光地
ボラカイ島の観光地
セブ島市内観光ツアーから、アイランドホッピング情報、ショッピング情報を地域別に紹介。セブ島ツアー選びにお役立てくださいませ。地域別にカテゴリ選択してね。

スポンサードリンク